製品情報

サーボプレス: サーボプレス

特長

環境への配慮
  • サーボモータ駆動で消費エネルギー低減、優れた静寂性
    (一般的なエア式・オイル式に比べ、エネルギー消費量は10〜20%程度)
生産性の向上
  • 荷重・位置・速度・時間を高精度制御することでサイクルタイムを
    最適化
  • 動作状況をリアルタイムにフィードバックしてワークの破損を防止
安全設計
  • 電源遮断時における出力軸落下防止用の保持ブレーキは標準装備
簡単セットアップ
  • ツール・コントローラ・ケーブルのシンプルなユニット構成と優れたユーザビリティの設定値入力で、短時間のセットアップが可能
    (高精度ロードセル・レゾルバを採用)
トレーサビリティ
  • トレーサビリティーのニーズにお応えする各種データ収集機能

ダイナミックスロープ/ストール機能

ツール内蔵のロードセルから加圧荷重状態をリアルタイムにサーボモータの動作制御へフィードバック。ワークの荷重変動に追従しながら制御することで一定荷重圧力を保持できる機能。

バックモニター(ゾーン判定)機能

動作途中における任意の位置範囲で荷重の上下限判定を行なう機能。動作完了ポイントを基準として範囲を設定するため、開始ポイントを基準にした場合と比較して、ワーク特性や装置などによる位置のバラツキが判定に与える影響を低減。歩留まりの改善に有効。